生活で気を付ける低温保存と加熱処理

生活の中で食中毒を防ぐなら洗いと分けるを考える 昔は食材の保存をするときには常温しかできませんでした。そのころから腐ることの概念があり、保存期間を増やそうと乾燥させたり塩漬けにするなどの方法がとられてきました。現在は冷蔵庫や冷凍庫があります。冷蔵庫だと大体10度以下ぐらいにすることができます。冷凍庫ならマイナス10度以下ぐらいになります。10度ぐらいだと細菌の増殖は減らないもののゆっくりにできます。

生活の中で食材の保存には注意が必要です。まず温度管理が必要とされているものはそれを守るようにします。いくら消費期限が記載されていても温度管理が間違っていると細菌が増殖しやすくなったり腐敗を早めてしまうことがあります。冷蔵保存とあれば冷蔵庫に、冷凍保存なら冷凍庫に入れるようにします。冷凍庫に入れると腐敗するのを止めることができます。

調理をするときにはできるだけ加熱を心がけるのも食中毒を防ぐのによいとされます。多くの細菌、ウイルスは熱に弱いです。75度で1分以上などの基準が決められているのでそれを守るようにします。食材によっては生で食べる、加熱をあまりしないレアの状態がおいしい場合があります。おいしさよりもまず安全に食べることができるように心がけることが必要になります。

関連リンク

Copyright (C)2019生活の中で食中毒を防ぐなら洗いと分けるを考える.All rights reserved.