生活をする上で正しい手洗いを知っておく

生活の中で食中毒を防ぐなら洗いと分けるを考える 子供のころから親や学校などに手洗いをするように言われるでしょう。外出先から帰って来たら行うのは当たり前のように言われます。トイレを出るときなどに行うのも誰でもすることでしょう。その他自分自身で手が汚れたと感じたときなどに行うことがあります。人によって手洗いのレベルは異なります。正しい手洗いができているかどうか確認しておきましょう。

良くしてしまいがちなのは水をただつけるだけで済ませる方法です。水では表面的な汚れしか落ちていないことがあり、細菌やウイルスがついていてもそのまま残っている場合があります。洗った気分になりますが、これでは洗ったことにはなりません。まず流水でしっかりと手を濡らします。それによって後に石鹸を使ったときに泡立てやすくなります。

手を水でぬらしたら石鹸を取りしっかり泡立てます。そしてしっかりと洗います。指の間などは特に洗うようにします。手のひらだけでなく爪の中も洗う必要があります。手のひらに爪を当てるようにして洗うとよいとされます。生活の中では爪を短く切っておく習慣をつけるのも大事になります。爪が伸びたままだとそこから細菌などが入りやすくなります。手洗い時はアクセサリーなども取って洗うようにします。

関連リンク

Copyright (C)2019生活の中で食中毒を防ぐなら洗いと分けるを考える.All rights reserved.